辞表 封筒

辞表は封筒に入れて提出するのが一般的です。 注意すべき点は、辞表は、経営者や役員、公務員が辞める時に書くものです。一般社員は辞表は使いません。 普通の社員が出すのは、退職願いや退職届けです。 退職届けの場合は、受理されてしまうと取り消しができないので、退職願を出すのが一般的ですし会社からもそのように 言われることが多いです。
会社によっては、自社でフォーマットを用意しているところもあるので書き方や提出の仕方は事前に確認するといいでしょう。
辞表に用いる封筒は白色で縦長のものになります。辞表の書き方は通常縦書きになりますので、縦長の封筒を用意します。 封筒は一重でも二重でも構いません。辞表用には必ず白の無地の封筒を用意してください。 時々いるようなのですが、女性でピンクやブルーなどの色付きの便せんや封筒使ってしまう方がいるみたいです。 正式な処理の仕方ではなくなるので注意しましょう。
※会社によっては便せんに記載したり封筒に入れる必要がないところもあります。退職人数が毎月多い会社などは事務処理が増えるので そのままファイルかなにかにいれて送ってくれといってくる場合があります。会社の方針に従うといいでしょう。

スポンサードリンク

辞表(退職)用の封筒(楽天通販)はこちら

辞表 封筒 書き方

辞表の封筒の書き方ですが、表の真ん中に『退職願』と記入します。裏に自分のの所属部署と氏名を記入します。 筆記用具は、黒の万年筆がよいですが、ボールペンでも問題はありません。
正式には万年筆で記載するのがよいようです。要は、黒インクであれば問題はないということになります。 また、辞表の封筒や便せん部分についてですが、フォーマットがある場合には自分の名前と日付だけを手書きで記入して提出しても大丈夫です。 注意すべき点としては、手書きが基本ですから氏名と日付部分だけは自筆にしてください。
会社によって、辞表や退職願いの提出の仕方はそれぞれになります。 退職する人がいる場合には、どのように処理をしているかを確認しておくとよいと思います。 立つ鳥跡を濁さずという言葉もありますので、書き方などスマートに退職をすすめられるといいですね。

退職する前に、転職などをしない場合には失業保険を多くもらえる方法がありますので必ず調べておいた方がいいです。 特に、うつ病などで退職する場合はなどは、失業保険も合わせて100万円以上もらえる額が変わってくる場合もあります。 辞表や退職願提出の前に準備が欠かせません。