東京海上 学資保険

東京海上学資保険は『東京海上日動あんしん生命保険』が提供している保険になります。 現在の契約件数200万件を超えている保険会社になります。
東京海上日動あんしん生命の学資保険は、契約者と被保険者の保障に重点を置いた保障型の子供の学資保険になっています。 学資保険の特徴として、祝金を小学校、中学校、高校、大学の入学時にそれぞれ支払われるものとなっており、 親にとってはうれしいものとなります。 また、東京海上日動あんしん生命の学資保険の特色ですが、5年ごとに配当金が支払われます。 これは、運用益が、会社の予定した額を越えた場合にのみ契約者へと支払われるものです。
■東京海上学資保険の特徴
1.5年ごとに配当が行われる
東京海上日動の運用益が予定額を超えた場合には契約者に支払われる形となっています。
2.小学校、中学校、高校、大学の入学時に祝金が受け取れます。
祝金の累計金額は200万円くらいになります。
3.契約者が死亡や障害者認定を受けた場合の免除
万一満期(22歳)までに死亡や障害者認定があった場合、毎年養育年金が受け取れます。 また、以後の保険料は免除になります。
※保険期間は子供が22歳になった時に満了です。
保険料払込期間は18歳まで。
学資保険は以下の方におすすめです。
■学資保険のおすすめ
1.子供の教育資金の準備をしようと考えている
2.親側に万一の場合があった場合に備えたい
3.子供の万一の場合に備えたい
学資保険は各社が色々なプランで出していますので、比較対象してみるとよいかもしれません。

スポンサードリンク

学資保険の関連情報はこちら(楽天通販)

東京海上日動と一般的な学資保険との比較

学資保険・子供保険(こども保険)は東京海上日動あんしん生命保険以外にも多くの会社が商品を用意しています。
学資保険・こども保険とは、親が子どもの教育費を計画的に貯めることを目的とした貯蓄性のものです。 子供の教育資金を考えている親にとってはとても人気のある保険になっています。 以下に人気がある学資保険を紹介します。
アフラック、AIGスター生命、JA共済(農協)、太陽生命など各社が出しています。
■アフラック(アメリカンファミリー生命保険会社)
●かわいいこどもの保険 ソニー生命
祝い金の幅が設定できます。15歳と18歳の時に受け取れます。 18歳時に受け取る祝い金(基準祝金額)は100万から800万まで10万円単位で設定が可能です。 15歳時に受け取る学資祝金額は基準祝金額の30%となります。
■AIGスター生命保険株式会社
●ドルサポート終身キッズタイプ
少ない負担で一生涯の保障を受けられるタイプになっています。
■太陽生命
●わくわくポッケ
教育費の負担が重くなる前に保険料払込満了になります。15歳払込満了(20歳満期)
■ソニー生命
●学資保険
ソニー生命は5年ごと利差配当がついてきます。
■JA共済(農協)
●学資保険
保険料が割安なのでオプションをつけなければやりくりがしやすい。
学資保険を出している会社によってプランが異なりますので、確認をした上で加入されるとよいかもしれません。 東京海上日動の学資保険もお勧めですが、JA共済(農協)の学資保険もおすすめです。 他にもいくつかおすすめできるものはありますので比較してみるといいかもしれません。