低置 胎盤

低置胎盤とは、ていちたいばんと読みます。
胎盤のくっついている位置が子宮口に近い(子宮の低置についている)と、出産際に出血しやくなり命の危険がある病気です。 原因は不明です。
赤ちゃんを出産する時に、胎盤は15〜30分後位に軽い陣痛とともにはがれ落ちます。 胎盤は、無数の血管の集まりで出来ているのですが、出産後はがれおちることで出血が起こります。 胎盤が、正常な位置についている場合には、子宮が収縮するので出血はとまるのですが、胎盤の位置が子宮に近い場合には、 子宮の収縮が行われても収縮が正常な位置についている時より収縮具合が少ないので出血がとまりません。 ですので、低置胎盤や前置胎盤の場合には、自然分娩は難しいので、安全に出産するためにも帝王切開を行う必要があります。 帝王切開した方が、分娩する方法の中では出血量がすくなく流産などの危険もなく出産できるためです。
また、低置胎盤以外にも、前置胎盤、辺縁前置胎盤、部分前置胎盤、全前置胎盤などがあります。 前置胎盤は、胎盤が子宮の出口にかかってしまうために起こります。 特に、この前置胎盤の場合は、子宮の面に面した胎盤がはがれて大量出血し母子ともに命の危険があります。 まず、この場合は自然分娩は難しく流産の危険もあるので帝王切開をすることになります。逆子の場合も同様です。 ただし、低置胎盤、前置胎盤なども、出産までに、子宮が大きくなるにつれて、正常な上の方の位置に変化していくので、 原因はわかっていないので体調を安静にさせつつ医者と経過をみていくのがいいでしょう。

スポンサードリンク

胎盤(プラセンタ)製品(楽天通販)はこちら

胎盤について

低置胎盤、前置胎盤などを正確に理解するためにも、胎盤について紹介します。
胎盤は、赤ちゃんに栄養を送ったり、胎児の排泄した二酸化炭素や老廃物をお母さんに処理してもらうために存在しています。 胎盤は、受精卵が子宮に受精卵が子宮に着床すると、ホルモンが分泌されて 絨毛ができて子宮の一部が厚くなり始めます。完成は妊娠14週〜16週ぐらいになります。
胎盤は、直径約20cm、厚さ2〜3cm、重さ500〜600gくらいになります。 前述しましたが、出産後には、役目を終えてはがれおちてきます。
ちなみに、胎盤を食べると体にいいという説がありますが、まったく意味がありませんのでご注意ください。 動物は、出産後に回りの動物に血のニオイを嗅ぎつけられないようにするために食べたりしますが、 胎盤にある栄養分は人間がそのまま食べても栄養は摂取できません。
胎盤にも寿命があり、妊娠42週くらいになると衰えてきます。 胎盤の機能が落ちると酸素や栄養素、排泄がうまくできなくなります。また、胎盤の血管が詰まるため、 赤ちゃんが弱ってしまうので、あまりに出産が遅い場合は、陣痛促進剤や帝王切開を行うことになります。 低置胎盤、前置胎盤になってしまっても胎盤についてと医師との話し合いを行っていって原因がなんであれば安静に過ごしていれば大丈夫です。