反物の質と値段

反物の質というのはとても幅広いものです。 反物の値段は、1万円で買えるものから、高いものであると職人さんが手で染め上げ織り込んだもので1千万円する反物まで様々です。 最近では、着物をCMや番組で紹介していることもあってか、着物や浴衣を反物から作ろうと考える人が増えてきました。 着物の反物や浴衣(ゆかた)の反物には、生地の種類がいくつもあって、正絹(しょうけん)といい、絹だけからなる糸で作られたものや ウール、木綿などあります。 反物の質と値段の兼ね合いはなかなか素人にはわかりにくい面があります。それは、呉服店によって反物の値段が明らかに違うことが あげられるからかもしれません。 本来、価格の設定は、呉服に限らないことなのですが、仕入れ価格を元に割り出されています。 ですので、いいかげんな値段設定をしているわけではないのです。しかし、最近はインターネットのオークションなども含めると 現在の呉服業界のつけている値段はいい加減なのではないかというのが思えてしまう反物もでています。 ですので、呉服店によっても値段に幅がありますので、あらかじめ知識をしっかりもっておく必要があります。 でないと、言い値で購入することになってしまいます。 信頼できる呉服屋を見分けるためにも自分の目を養う必要があります。

スポンサードリンク

反物の商品(楽天通販)はこちらから

反物の質と値段と見分け方・選び方

反物の質の見分け方はどうすればいいのか。そして失敗のない選び方はどういうものなのかについてご紹介します。 一つの例として、大島紬の反物を出したいと思います。 大島紬は、手間と価格が容易に判断しやすい典型的なきものなのです。ここでまず質の見分け方を理解した方が無難でしょう。 大島紬の反物の価格の決め方は、タテ糸とヨコ糸の絣で柄が付けられているのですが、その絣の細かさと絣(かすり)柄がきれいかどうかで見分けます。 絣柄とは反物の模様のことです。反物を機械ではなく人の手で織ると値段が高くなるのですが手で織られた場合に模様にぶれがでないように とても神経を配ります。その質がどうかで見分ける必要があります。 また、染め方についても値段が変わってきます。 特に、機械で染めたものと職人の手で染めたものが明らかに違います。 反物の手で染めたものと機械で染めたものの見分け方は、反物の裏地をみます。 機械染めは裏地が白くなっています。手染は、裏まで色が染みているため模様がついています。 最近は、プリント技術も向上してきたので反物が多いのですが、簡単に見分ける手段としてお使いいただければと思います。 また、反物には「マルキ」と呼ばれる織りの細かさを表す単位が存在します。一種の質のランク分けのようなものが存在します。 しかも、マルキの中でも12マルキの紬となると、選りすぐりの職人しか織ることができないため高級になります。 大島紬の反物の場合は、5マルキか9マルキかを見分けられれば大丈夫です。 マルキの数値が上がるほど高級になります。 このマルキについては、呉服屋で反物を見せてもらいながら説明を受けて自分で目を養う必要があります。 数店舗はしごすればだんだんと目が養われてきますし知識も増えます。同じ反物でも値段が安くても質が悪いわけではなく良心的な 呉服屋の可能性があります。すこしづつですが学び、信頼できるお店を見つけましょう。