胎盤 食

胎盤 食というカニバリズム(人肉食)の考え方があるようです。 産婦人科によっては、出産後の胎盤を刺身にして食べさせてくれるところもあるみたいです。 形と味はレバーみたいですが、すこし固い感じとのことです。 一般的に動物の場合には、胎盤を食べるケースは多いようです。 これには2つ考え方があり、1つは、胎盤に含まれている栄養分を補給する。 もう一つは、他の動物に襲われないように、血の臭いを消すために食べる。 人間の場合でも、健康によいと考えて産婦自身や家族が産後に胎盤を食べる胎盤食の文化が世界各地で見られるようです。 一つ考えていただきたいのは、胎盤は赤ちゃんに栄養素を送る役目と老廃物や排泄物を流すために使われているということです。 つまり、そのまま食べてしまうと毒素が大量に含まれているので綺麗に洗うなどしてからでないと病気に感染する恐れも考えられます。 また、そのまま胎盤食を行っても、栄養が吸収されないという説もあります。 ですので、栄養の摂取方法として、エキスを注射する方法があります。 プラセンタというもので、日本語で胎盤を意味する言葉です。 ブタやウマ、ヒト等の胎盤を原料としてエキス化して注射剤にします。 医療目的として使用されていて、肝臓病や婦人科疾患の治療を目的として医薬品としても認可されているものになります。 最近では、アンチエイジングとしてプラセンタを美容目的や健康目的で使用するケースが多いようです。 ただし、健康保険は利かず自由診療となります。

スポンサードリンク

食べられる胎盤(プラセンタ)製品(楽天通販)はこちら

胎盤食・プラセンタについて

胎盤食の代わりにプラセンタ注射やプラセンタを用いた健康食品や化粧品が存在しています。 胎盤の中には、細胞分裂を促進する成長因子(グロースファクタ)や栄養素があり、それをプラセンタと呼んで使用しています。
プラセンタが美容や健康など用いられるには理由があります。 最近では技術の進歩によりプラセンタの有効成分を安全に抽出することが可能となったことと、 プラセンタの様々な効果や機能が科学的に実証されていることが挙げられます。 プラセンタに含まれる成長因子(グロース・ファクター、細胞増殖因子)が細胞をコントロールする作用があり、 細胞が古くなって弱まった部分から新しい細胞を作り出す働きをすると考えられてきています。
それゆえに、細胞をリフレッシュさせたり血液などきれいになったりすることで肌がきれいになると考えられ、 美容に効くという話につながるのです。

胎盤食よりかはプラセンタを注射した方が安全だということとしっかりと摂取できると考えられます。 美容効果もあり栄養も摂取できるのでプラセンタ注射をおすすめします。