sony 損保

sony損保といえば自動車保険です。「保険料は走る分だけ」というCMでもおなじみです。
年間走行距離が11,000km以下ならsony損保が選ばれています。 選ばれている理由はいくつかありますが、自動車保険の中で気にあるのが保険料と湖沼や事故後の対応だと思います。 sony損保にはそれがすべて含まれています。 口コミでも評判を読んでいて加入者がとても多いです。
■選ばれる理由
1.保険料は走る分だけ
国内損保の自動車保険料と比較しても、1年間の保険料は約2万円違うというのはsony損保では当たり前にあります。 また、インターネットで申し込めばさらに割引になります。 走行距離によって保険料が違うのがうれしいです。 また、走らなかった分は翌年の保険料から割引ができるので無駄がありません。
2.充実のロードサービス
事故や故障のトラブルは全国約8,000ヵ所のサービス拠点がサポートしてくれます。 しかも、レッカーは35kmまで無料。事故だけでなく故障にも強い!バッテリー上がりやキー閉込みでも無料。 途中に事故があっても、宿泊先や自宅に帰る交通費も支給されます。
3.安心の事故対応
事故にあった際の不安をスピーディかつ丁寧に解消してくれます。 1つの事故に一人の担当者がつくためしっかりと事故対応をしてもらえます。 しかも、事故対応の受付は24時間365日なのでいつでも対応してもらえます。
口コミや評判でも人気のsony損保の自動車保険を選んで安心してドライブを楽しみたいですね。

スポンサードリンク

損保関連情報はこちら(楽天通販)

sony損保の評判

sony損保の評判ですが、上々ではないかと思います。 保険を選ぶ際の重要な要素としては、企業の信頼性が挙げられます。
いくら保険料が安くても、サービスや対応が悪ければ口コミやインターネットの評判ですぐに広がってしまします。 そこをいうとsony損保は年に一度週間ダイヤモンドで行われている「信頼出来る保険会社のランキング」で ソニー損保が毎年上位に入ることからもわかると思います。 ソニー損保は、実際保険料は安いのですが、ソニーという大企業が母体となっているので、相当なことがない限りつぶれないという 企業への安心感も評判がいい理由になっています。
また、ロードサービスをみても20kmまで無料となっています。 このサービスは他の企業の自動車保険と比較しても距離がとても長いです。そういう細かいところを見ていっても ソニー損保は素晴らしいといえるでしょう。

ソニー損保で気になるといえば、CMではないでしょうか。 「保険料は走る分だけ」というCMでもおなじみですが、とてもかわいい人たちが登場しています。
■sony 損保のCMと女の子
sony 損保のCMはとても印象的ですが中でも主演しているモデルである女の子は誰なのか気になる人も多いはずです。 毎年CMのモデルとなる女優さんは変わるのですが、今までに登場してきた女の子を紹介してきます。
甘糟記子。佐藤ありさ。松田一沙が今までにモデルとして選ばれた女の子たちです。 sony損保のCMはあまりしゃべることがないのですが、皆さん笑顔が素敵なのが特徴ですね。 自動車保険を選ぶ際にどうしても頭に残ってしまうでしょう。
自動車保険を選ぶなら口コミや評判でも人気のsony損保がいいかもしれません。 他にも色々と自動車保険を提供している会社はありますので比較してみるといいかもしれません。