新生児 入浴

新生児の入浴させるのは始めのうちは緊張するかもしれませんが、 慣れれば難しくありませんので、 ここで新生児のお風呂への入浴方法を分かりやすい紹介をしたいと思います。
■準備するもの
・温度計(お湯の温度を測ります)
・ベビーソープまたは、沐浴剤
・沐浴ガーゼもしくは、海綿{カイメン)
・バスタオル
上記のものを準備すれば大丈夫です。赤ちゃんが新生児の頃は新陳代謝が良いので1日1回はお風呂に入浴させてあげましょう。 また、新生児の内はおしっこやうんちや吐いたりする以外は特に汚れませんので、基本はお湯で洗い流してあげればOKです。 変に石鹸をつかってごしごし洗うと本来の赤ちゃんの皮膚のうるおいを取ってしまうことになりかねませんので注意してください。 洗う場合は、ベビーソープか沐浴剤を使って洗ってあげてください。
■入浴の仕方と洗い方
赤ちゃんの洗い方は『顔→頭→おなかと手足→背中→おしり→股間の順』に洗います。 特に、お尻はきれいに洗ってあげましょう。洗う際には、手やカイメンなどを使ってやさしくします。 お湯の温度を確認して頭部を支えながら顔と頭の汚れを取っていきます。頭皮は特に敏感ですから 指のはらで洗ってあげましょう。首やわき、足の膝のうらなどは垢がたまりやすいのでしっかりあらいましょう。 股間も丁寧に洗ったらバスタオルでくるんで終了です。
あまり入浴に時間をかけすぎないようにしましょう。

スポンサードリンク

新生児の入浴用の商品(楽天通販)はこちら

新生児 入浴の方法と注意点

新生児の入浴の方法にはいくつかポイントがあります。
1.沐浴の温度は37〜40度
熱いと赤ちゃんに負担をかけてしまいますし、あまり眠れなくなります。
2.お風呂は一日1回
風邪をひいている場合は入浴させなくてもOKです。
3.入浴に時間をかけない
時間をかけるとのぼせてしまうので、汚れている場所をすぐに洗って早めにあがりましょう。
4.授乳直後や眠い時は入浴させない
授乳後にお風呂に入ると吐いてしまう可能性があります。
5.部屋の温度を18〜26度にキープ
赤ちゃんが湯ざめしないように気をつけます。
あとは、ママが落ち着いて入浴させれば大丈夫です。
次に、旅行や外出先での入浴の仕方についてです。 外出先だと大型施設のお風呂で入浴をさせたりする必要がでてきますがその際には注意が必要です。
■新生児の施設風呂への入浴方法について
大型入浴施設は浴槽のお湯を循環させて使っています。家庭用24時間風呂もそうですが、 その場合「レジオネラ」という細菌に水が汚染されている場合があります。 「レジオネラ」で死者がでたというニュースもあるぐらいです。 レジオネラを肺に吸い込むと、新生児は重症の肺炎や発熱疾患を引き起こす可能性があります。  地域によって条例を設けて衛生管理基準を満すように入浴施設に指導をしています。 しかし、すべてが基準を満たしているとは言い切れないため、注意が必要になります。
赤ちゃんは新生児のうちはお風呂に入れるのが大変ですが、それも最初のうちですので楽しんで行いましょう。 分かりやすい紹介になっているでしょうか。お役に立てば幸いです。