生命保険応用課程試験

生命保険応用課程試験は、生命保険一般課程試験と専門課程試験をクリアした場合に受けられます。
生命保険一般課程試験は、一般課程研修45単位から協会が指定する基本的知識30単位の試験から出題されます。 生命保険で仕事をする際に取得しなくてはならない生命保険の基礎知識として設けられている一般課程試験です。 問題はマークシート形式で、合格点は70点以上です。練習問題や予想問題は解けばクリアできる内容となっており、 不合格になる人はほとんどいません。
社団法人生命保険協会が主催している試験になります。 生命保険一般課程試験は、3ヵ月間の所定の単位の履修後、2ヶ月以内に受験しなければならないものです。
試験は毎月1回実施されており、その後に続く 生命保険業を行う上での必要な応用知識である、 専門課程試験、応用課程試験、生命保険大学試験、生命保険講座試験と段々と高度な知識を得られるような仕組みとなっています。

スポンサードリンク

生命保険 応用に関連する本(楽天通販)などはこちら

生命保険応用課程試験日程

生命保険応用課程試験日程は、毎月1回となっています。 生命保険応用課程試験は、一般課程試験後に専門課程試験を受けた後に受けられる試験となっています。 応用課程試験の取得後は、生命保険大学試験、生命保険講座試験続きます。
生命保険の専門課程試験の合格者には、顧客ニーズへの基本的対応力がある専門性を認められ、 『ライフ・コンサルタント(略称LC)』の称号が与えられます。
また、専門課程試験で得た知識をさらに向上させ応用力・実践力を養成した資格が、生命保険応用課程試験になります。 ファイナンシャルプランニングサービスには必要な全般的知識を修得する目的で試験が作られており、 応用課程試験合格者は『シニア・ライフ・コンサルタント(略称SLC)』の称号が与えられることになっています。
生命保険大学課程試験という資格が、生命保険応用課程試験の後にあり、 ファイナンシャル・プランニング・サービスに必要な生命保険関連知識をより専門的なレベルで修得することを目的とした 「生命保険大学課程」となります。
生命保険大学課程は、全6科目あり、2科目ずつ3回の試験に分けて受験し、1年かけて受ける仕組みとなっています。 ですので時間がかかるものとなっています。 生命保険大学課程にごうかくすると『トータル・ライフ・コンサルタント〔生命保険協会認定FP〕(略称TLC)』 という資格が与えられます。
生命保険試験は順々に受けていく必要があるので時間がかかります。