クオカードとは

クオカードの取扱い店は、現在日本のコンビニやドラッグストアなど多くの加盟店で使える便利なカードです。 クオカード(QUOカード)とは、株式会社クオカードが発行しているプリペイドカードのことです。 プリペイドカードとは、商品を購入する際にプリペイドカードに記載されている金額分を使えるのがポイントです。 有価証券(金券)であり、略語でプリカと言われることもあります。 プリペイドカードの始まりは、1982年日本で旧電電公社がテレホンカードを作ったのがはじまりとなっています。 最近では、電子マネーであるiDやエディなどsuicaなどの加盟店が普及してきましたが、まだまだ、クオカードの勢いは止まりません。 使い捨てができることと、オリジナルのクオカードを作ることもできるので、プレゼント用や宣伝用などに購入されています。 芸能人のカードもあり買取なども行われています。 クオカードの種類も500円、1,000円、3,000円、5,000円、10,000円と種類が多くなっています。 結婚式の2次会のプレゼントに購入されてもいいのではないでしょうか。加盟店が多いので使える場所が多く喜ばれます。

スポンサードリンク

クオカード関連商品はこちら(楽天通販)

クオカード 取扱店

クオカードの取扱店は、セブンイレブン、ローソン、ファミリーマートなどのコンビニエンスストアや、 ガスト、バーミヤンすかいらーくなどのファミリーレストラン、ガソリンスタンド、オリオン書房、三省堂書店などの 本屋、マツモトキヨシなどのドラッグストアやHMV、JUNKDOなどのCDショップなど全国各地にあります。 クオカードの取扱店は全国に約36,000店あります。 クオカード取扱店を判断するには、店頭にあるQUOカードのステッカーが貼ってあるかを確認すればすぐにわかります。 クオカードの使い方はとても簡単で、会計で出せばいいだけです。テレフォンカードのように残高が減っていく形になっていて 使用した金額の場所に穴があく形になっています。支払う金額がクオカードでは足りない場合には現金で支払うこともできるので 最後まで使い切ることができます。 使える取扱店も多いのでぜひ、クオカードの加盟店を探して購入してみるといいでしょう。