農協(JA)学資保険

農協の学資保険は、民間の会社の生命保険と比較してもお得な点がたくさんあります。
農協(JA)は、非営利団体なので保険料が安いということと学資保険は掛け捨てではないため貯金のような感覚で使用することもできます。 農協(JA)は、原則として決算にて利益があがり余剰金が発生した場合は、保険加入者に還元する仕組みをとっています。 そういう点から考えると、こどものためにも自分のためにも農協(JA)で契約した方がよいかもしれません。
ここでは、農協(JA)学資保険の特徴、メリット・デメリットについて紹介していたいと思います。
農協(JA)学資保険は、「こども保険」といい子供のために教育資金を作るのによい保険とされています。 JA共済は 、他の民間企業と比べてみてもCMの数や広告にお金をあまりかけていません。 無駄なお金をかけずに保険加入者に還元をしています。
■JA共済(農協)の学資保険「こども保険」の特長
1.祝い金がもらえます。
子どもが幼稚園、小学校、中学校、高校、大学等の入園や入学のタイミングで祝金として、入学祝金、学資金を受け取れます。
2.掛け捨てではないので満期で共済金がもらえる。
JA共済(農協)の学資保険は掛け捨てタイプではありません。 満期時なると満期共済金を受け取ることができます。 また、養育年金を毎年受け取ることができます。ただし、教育年金付きに加入し、契約者が死亡または第一級後遺障害状態になった場合のみ。 その場合にも、お祝い金と満期共済は通常通り受け取ることができます。
3.共済金が割増になる。
子どもが死亡した場合か第一級後遺障害状態になった時は、年齢に応じて共済金が割増して支払いが行われます。 (ただし、共済金割増支払特則付きの場合のみ)
こどもが万一、死亡か第1級後遺障害状態、重度要介護状態になった時、年齢に応じて共済金を割増してお支払いいたします。 (共済金割増支払特則付きの場合)
農協の学資保険を受ける場合、一度窓口に出向いてみてはいかがでしょうか。

スポンサードリンク

学資保険の関連情報はこちら(楽天通販)

農協(JA共済)学資保険のメリット・デメリット

農協(JA共済)学資保険は、こども保険の中でも、特に子どもの教育資金作りに重きをおいている保険です。
こども保険は、子供の入学に祝い金や満期保険金が支払われます。 また、親が死亡した際には保険料が免除されるという保障がついている保険でもあります。 その他にも子どもの医療保障もついていたりします。 こども保険の中でも、教育資金作りに適した貯蓄性の高い保険が学資保険です。
■JA学資(農協)保険のメリット・デメリット
JA共済(農協)の学資保険を選ぶ際のメリット、デメリットを紹介します。
■メリット
1.保険料が安い
JA共済(農協)は非営利団体のため、利益がでても学資保険加入者に還元する仕組みがあります。 また、CMや営業職員がいないため、無駄に経費がかからないのも保険料が安いポイントです。 保険料が還元される制度を割戻金制度といいます。
※割戻金制度とは、JA共済(農協)が毎年の決算で剰余金が生じた場合に加入者に割戻金として還元する制度です。
■デメリット
1.出資金を払う必要がある。
JA共済へ加入する時には出資金を払う必要があります。 出資金を支払うことで組合員、准組合員になる必要がでてきます。
仮にJA共済が破綻した場合には、ペイオフを行使することができるので、一定金額までは返金がされます。 JA共済(農協)は『農水産業協同組合貯金保険制度』に加入しています。
ですので、1貯金者につき、元本1,000万円までとそれに係る利息等をの保険金を支払ってくれます。

農協(JA共済)の学資保険、「こども保険」は民間の会社と比較してもとてもメリットがあるものとなっています。 ぜひ、学資保険について子どものためにも知識を深められるといいかもしれません。