二輪車 保険

二輪車の保険の知識は絶対に必要になってくるものになります。 特に、バイクやスクーター、単車を購入した方は、二輪車の保険に絶対加入すべきものと任意加入すべきものと車両の盗難のための保障 などいくつか必要な保険がでてきます。
二輪車の保険で加入すべきものと任意で加入すべきものについて紹介します。
■絶対加入すべき保険
・自賠責保険(強制保険)
自賠責保険は法律で決められていて絶対に加入しなければならない義務の保険となっています。
※自賠責保険未加入の場合:6点の罰則&1年以下の懲役または50万円以下の罰金。飲酒運転と同等のレベルです。 特に、人からバイクを譲り受けた場合には手続きはしっかりと行いましょう。
バイクの自賠責保険の目的ですが、これは自動二輪車を乗っている人を助けるための保険ではなく、 バイクの起こした事故の被害者を救済する為のバイク保険です。 ですので、バイクを運転していた人のケガなど車両の損壊などは保障対象になりません。 自動二輪車で起こした自己の被害者が骨折した場合には、限度額の120万円をオーバーしてしまいます。 対人死亡・後遺障害で3000万円までです。訴訟になった場合には絶対に必須となっている保険になります。

スポンサードリンク

保険の関連情報はこちら(楽天通販)

二輪車 保険(盗難、任意、自賠責)

自動二輪車の保険で加入すべき自賠責以外に、任意保険と盗難保険があります。
自賠責の意味からもわかるように、被害者側に対する救済用の保険になりますので、もし自分が事故でけがを負った場合には 金額は支払われないということになります。 ですので、任意保険は加入する必要があります。
■加入すべき任意保険
・自動車保険
125cc以下か以上で金額に差がでてきてしまいます。特に20代の場合は自己の率が高いので1年間に支払う金額も高くなっています。 年間2000円〜9000円くらいかかります。二輪車両のccと年齢によって変わります。 状況によて、ファミリーバイク特約が使えれば、年間6000円程度で、125cc以下のバイクを何台でもカバーできるので安くできる サービスもあります。
・盗難保険
自動二輪車は、一番盗難されやすい車両になります。 最近では、車の盗難が増えていますが、自動二輪車は動かしやすいので盗難されやすい傾向になります。 万が一のために盗難保険に入ることをおすすめします。 盗難保険でおすすめなのは、生活救急車でおなじみのJBR社バイク盗難保証システムがあります。 保険の補償額は、掛け金にって変わりますが、最低金額は6000円程度からとなります。 カギ穴をイタズラされたり、パーツの盗難された場合にも盗難補償は使えます。
バイクを購入したら、自動二輪車の保険については考えておいた方がいいでしょう。 事故にあうまでに対策を打っておいた方が後々のバイクライフが楽しくなるかもしれません。