フクダ リークテスター

フクダのリークテスターとは、フィッティング測定を用いることで測定時間の短縮や高精度測定の実現を可能になった エアリークテスターです。
リークテスターとは、完成品・部品に圧力を加圧または減圧により高感度差圧センサーで漏れによって生じる圧力変化を 検出するテスターのことを言います。 漏れを電気的に検出するため、漏れ検査の数値化、自動化が容易に出来ることが特徴です。 水没検査と違い、ワークを濡らさず、個人差が無く、数値的な検査が出来る検査器なので、自動機への組込みも容易にできます。 どういう検査の時に使用するかというと、ガソリンタンクやアルミホイール等の製造過程で漏れがないかの最終検査は 水没式の目視やるところを代わりにテスターを使用します。
■リークテスターを使用するメリット
・検査の自動化・省エネ化 / 電気的に漏れを検出する為、安全で確実に検査ができます。
・品質の向上、安定 / 目視の必要がないため、正確です。
・コストの削減 / 自動化により検査時間の短縮・人件費の削減ができます。

スポンサードリンク

測定テスターはこちら(楽天通販)

フクダ リークテスターの詳細

■フクダ リークテスター
株式会社フクダは、エアリークテスタメーカーです。 東証一部上場企業である長野計器株式会社の関連企業でもあります。
フクダが作るエアリークテスターはワークにエアーを封入し、リークにより生じる微小な変化を検出することでリークの検定を行います。 フクダの代表的なリークテスターには、『汎用型エアーリークテスター FL-601シリーズ』があります。
FL-601シリーズは、マスタータンク(バランスタンク)をマスターポートに接続することで、 マスター側の発生差圧のバラツキを最小限に抑えることができ、ワーク側のみの特性を抽出することができます。 特徴としては、フィッティング測定により時間短縮が可能になったことと検出精度が向上している点です。 FL-601シリーズは特性データの近似式を導出し、定数を求めることで漏れ量を算出しています。
フィッティング測定により、測定時間の短縮や高精度測定の実現を可能になりました。 検査の際にはフクダリークテスターを使用されるといいでしょう。