衛星管理者

衛星管理者とは、常時50人以上の従業員を使用している会社では衛星管理者を1人以上置くことが義務づけられているためとても必要な資格です。 衛星管理者の仕事は、労働安全衛生法により労働災害を未然に防いだり定期的に健康診断を実施したりします。 特に、照明や換気など職場環境のチェックする総務・労務部門に当たりますので、とても重要な役職でありプロフェッショナルな仕事です。 常時50人以上の従業員を使用している会社で衛生管理者を1人以上置く必要があるので、会社からも求められ将来的にも有望な資格と言えます。 衛星管理者には「第一種衛生管理者」と「第二種衛生管理者」と2種類あります。 「第一種衛生管理者」であるとすべての業種に対して対応することができます。 また、現在有資格者の絶対数が不足しています。特に、未選任の企業が多いという実情があります。
■衛生管理者を取ると有利なこと
1.昇進・昇給につながる可能性がある
総務・労務部門のスペシャリストとなるので、資格手当も考えられます。
2.転職・再就職に有利になる
ニーズが高い資格なので企業も転職の際にはとても期待されています。 定年後の再就職にも有利です。
3.資格者の数が少ない
現在、資格者の数が絶対的に少ない状態です。しかも、企業からのニーズはあります。 つまり、需要があるのに供給が間に合っていないのです、つまり資格があれば企業に入りやすいといえますし、収入にもつながりやすくなります。

スポンサードリンク

衛生管理者のための本などはこちら(楽天通販)

衛星管理者試験と過去問

種衛星管理者試験には、第一種と第二種があります。
違いとしては、第一種であればすべての企業を見ることができます。つまり業種に関係なく対応できるので幅が広いのです。 試験を受ける人は第一種で受験される方がほとんどになります。
試験は、安全衛生技術試験協会が管理しています。 その場合には、第一種の過去問を徹底的に対応しておく必要があります。 衛星管理者試験の試験日についてですが、第一種と第二種それぞれ、毎月どこかしらで受けることができます。 しかも、場所も北海道、東北、関東、中部、近畿、中国四国、九州などがあり、各々のセンターのどこで毎月試験が行われています。 ですので、とても受けやすい試験だといえます。
試験の費用は、8,300円となっています。
■第一種衛生管理者試験に合格のために 第一種衛生管理者試験に合格するには、過去問を何度も解くの一番です。 安全衛生について問う問題というのは、ある程度幅が決まっているのです。 ですから、出題されるパターンがある程度決まってしまうことになります。 表現方法は違えど毎回言っていることや聞いていることは同じということになります。 つまりは、過去問題を勉強すれば十分に合格できることになります。 何度も数年分の過去問をといて選択肢を覚えてしまうことも重要です。 これだけで合格は間違いないと言っていいほどです。